ニュース

ジブリパーク計画が前進!「ジブリの世界観を再現する唯一無二の公園に…..」

愛知県長久手市の愛・地球博記念公園に「ジブリパーク」を整備する構想で、愛知県とスタジオジブリ(東京都)、中日新聞社は31日、県がパークを整備し、スタジオジブリと中日新聞社が共同出資して設立する新会社が管理運営を担うことで基本合意した。2022年秋の開業に向け、19年度中に詳細な設計を進めて事業費や運営手法などを協議する。県庁で同日、3者が共同で記者会見して発表した。
 大村秀章知事は「ジブリの世界観を再現する唯一無二の公園を造っていきたい。将来にわたり多くの人たちに愛され、後世に引き継がれていく公園にする」と強調。「中日新聞はジブリの信頼も厚く、運営のパートナーに、とのことで合意した」と経緯を説明した。
 会見に出席したスタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーは、宮崎駿監督とともに制作したジブリパークのロゴマークを披露し「国内外の多くの人に喜んでもらえるよう頑張っていきたい」と述べた。中日新聞社の大島宇一郎社長も「多くの方々に楽しんでいただける体制になるよう全力で当たっていきたい」と語った。
 県とスタジオジブリは17年5月、05年愛知万博の理念「自然の叡智」を継承するため、万博メイン会場跡地の公園の一部に、映画「もののけ姫」「となりのトトロ」などジブリ作品の世界観を再現したパークを整備することで合意。五つのエリアのうち「青春の丘」「ジブリの大倉庫」「どんどこ森」の3エリアを22年秋に先行開業させ、残る「もののけの里」と「魔女の谷」を翌23年に開業させる整備構想を昨年12月に発表していた。

引用元 中日新聞

 

ジブリパーク!!

こんな計画が進んでいたなんて…….

まだ細かいことは決まってないようですが、2022年秋の開業を目指しているとのことです。

 

どのくらいの規模?

場所は、2005年に愛・地球博のあった「愛・地球博記念公園」の一部に整備予定となっています。

「愛・地球博記念公園」の敷地面積は190ha(ヘクタール)

1haは100m×100mなので、その190倍という事です

めちゃくちゃ広い!!

しかし、すでにいくつもの施設があるので、そんなに広いものにはならないのではないでしょうか。

ネットで調べてみると、建設予定地は出ているようです。

 

エリアは5つ

「青春の丘」「ジブリの大倉庫」「どんどこ森」「もののけの里」「魔女の谷」

「青春の丘」は何のイメージなんですかね?「耳をすませば」かな?

「ジブリの大倉庫」はなんでしょう?屋内施設ぽいので、飲食スペースとグッズ売り場?

「どんどこ森」 これは全然わかりませんね…平成狸合戦ぽんぽこだと「ぽんぽこ森」だし…..

と思って調べたら、サツキとメイの家を中心としたエリアとのことです。トトロですね。

「もののけの里」と「魔女の谷」はなんとなくわかりますよねw

 

ジブリパーク、楽しみですね^^

いったいどんなものが出来上がるのか!

何回行っても楽しい!そんな場所にしてもらいたいです。