ニュース

絶滅したはずの甲殻類を発見か!?

化石でしか存在が知られず、絶滅したと考えられていた甲殻類オオスナモグリとみられる生物が静岡と高知の干潟で見つかったと、千葉県立中央博物館(千葉市)が5日、明らかにした。6日から30日まで標本を公開する。

 博物館によると、オオスナモグリははさみを持つ甲殻類で、関東から沖縄の78万年から8万年ほど前の地層で化石が見つかっている。2016年に高知県土佐市で、17年に静岡県沼津市で、地元の研究者らが特徴が似た計4匹を捕獲した。

 同博物館の駒井智幸・動物学研究科長と共同で4匹を分析した結果、大きな個体は全長が約10センチあり、ニホンスナモグリの約1.5倍だった。

引用元 共同通信

 

オオスナモグリって?

引用した記事にもあるように、78万年前から8万年ほど前の地層で化石が見つかっているが、絶滅したと考えられてきた。

固いハサミを持ち、関東の太平洋側から沖縄にかけての地層で化石が見つかっていた。

 

本当にオオスナモグリ?

捕獲されたオオスナモグリと思われる生物の特徴として、 体長がおよそ10センチあり、現在も一般的にみられる「二ホンスナモグリ」より1.5倍ほど大きい。

さらに、 ハサミの形の特徴などが「オオスナモグリ」の化石と一致したということと、DNAの配列も「二ホンスナモグリ」とは異なっていることが 確認されたという事です。

これはかなり「オオスナモグリ」である可能性が高いのではないでしょうか!?

 

標本が公開

千葉県の千葉県立中央博物館 では「オオスナモグリ」の可能性の高い生物の標本を一般に公開することにしたそうです。

標本のほかに、50万年から8万年ほど前の地層から出土したハサミの化石なども展示されるとのことです。

公開は2019年6月6日から

 

Twitterの反応

  • 凄すぎでしょ…シーラカンスかよ…
  • おお,化石が生きていたと。日本の干潟の底力はなかなかのものだ。
  • 絶滅したって最近のことかなと思ったら数万年前の化石からでびっくりしている
  • オオスナモグリ発見…?? えっ、つまり甲殻類界のシーラカンスか…?

   参照元 Twitter

やはり皆さん驚いているようですね。

しかし、化石でしか存在が知られていなかった生き物が発見されたとなると、それはもう恐竜が発見されたようなものではないでしょうか?

そう考えると凄いですね!ロマンがあります!

もしかすると、地球のどこかに恐竜や絶滅したと思われている生物がまだ生き残っている場所があるかもしれません!

まだまだ人類未踏の地はたくさんありますからね。

 

それでは、さらなる発見があることを夢見て…