芸能

【芸人闇営業】どんどん出てくる裏社会とのつながり….

蔓延する反社会的組織への闇営業

吉本興行所属の芸人による詐欺グループへの闇営業が発覚したとFRIDAYが報じた 。

誕生会で記念撮影する芸人たち。入江慎也(中央)の左隣にいるのが、100人以上いる詐欺集団を束ねた首謀者だ
 いったいどこまで、芸人による反社会的組織への「闇営業」は蔓延しているのだろうか……。
『カラテカ』入江慎也(6月4日付で契約解消)、ムーディ勝山、『天津』木村卓寛、くまだまさし、『ザ・パンチ』、『2700』(現『ザ ツネハッチャン』)。
 今回本誌が入手した1枚の写真(上写真)に写っているのは、吉本の人気芸人たちだ。
 言わずもがな、この写真は仲間内の飲み会で撮られたものではない。本誌は前号で、’14年12月に開かれた大規模詐欺グループの忘年会に『雨上がり決死隊』宮迫博之らが出席していたことを詳報した。この写真はその忘年会の約半年前、’14年6月頃に開かれた、同じ詐欺グループの、しかも首謀者の誕生会で撮られたものだ。
 本誌はこの誕生会に出席した詐欺グループ元メンバーに接触した。この元メンバーは、グループが資金流用のために経営していたダミー会社を手伝っており、首謀者を含む幹部とも極めて親しかった人物だ。元メンバーはこう語った。
「首謀者の誕生会だけあり、都内のレストランを貸し切りにして、詐欺グループのメンバー100人以上が出席しました。忘年会のときは、芸人たちは会の最後にサプライズで登場しましたが、誕生会には最初から出席していた。写真に写っている芸人たちが、順番に詐欺集団に向かってネタを披露していました。
 

 

記事全文はこちら

引用元 FRIDAY

 

記事によると

吉本興業所属の芸人が「カラテカ」の入江慎也が司会を務めた「とある会」に出席しネタを披露した。

「とある会」は詐欺グループの首謀者の誕生パーティーで、グループのメンバーら100人以上が出席していた。

芸人たちは、その会が普通の会ではないことに気づいていた。

そして、入江が解雇されるきっかけとなったパーティーで芸人たちは「ギャラは貰っていない」「(詐欺グループとは)しらなかった」と言っているが、ダミー企業名義でお金を渡しているし、そういう組織だと知っていたという。

2014年に開催された入江のイベントでは、詐欺グループのダミー企業が協賛企業として参加している。

 

この記事にある事が本当ならば、闇営業問題は芸能界の闇を明るみに出してしまいかねないのではないでしょうか。

これから次々と新たな事実が出てくるのか、それとも闇に葬られてしまうのか….

もし、新事実が出てくるならば、芋づる式に色々な事が浮き彫りになりそうですねw

楽しみにしてますww